新しいパソコンがほしいです


( ^ν^)「コネ入社できる企業ない?受かりやすいとこ教えろ」こんな学生が増加中

   はてなブックマークに追加はてなブックマーク - ( ^ν^)「コネ入社できる企業ない?受かりやすいとこ教えろ」こんな学生が増加中  twitter_icon45.jpg このエントリーをはてなブックマークに追加
1: コラット(WiMAX)[]:2013/05/26(日) 21:41:09.75 ID:fkaDFnb/0●
内定もらえず努力放棄の学生増加 「コネ入社できる企業はないですか?」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/130526/bsd1305261806004-n1.htm

【プロが教える就活最前線】

4月から本格化した就職活動が一段落したこの時期。内定塾にも相談の電話が多くかかってきます。
当然、今まで何十社と選考を受け、残念ながら良い結果が得られていない学生がほとんどで、苦しい
状況であるのは間違いないところです。しかし、この苦しい状況下でも学生は二極化し、顕著にその
後の結果に差が出ているようです。

この二極化を生む要因は、取り組む姿勢の違いにあるようです。努力をせずに内定を獲得しようとする
学生と、ひたむきに努力をして内定を獲得する学生です。それぞれのタイプをご紹介します。

Aさんは、今まで何社、何十社と選考に落ちたことで、自信をなくし、他人に頼ることしか考えない学生
です。こういった学生は近年増えてきているように感じます。

・「コネで入社できる企業はないですか?」
・「どこの企業を受けたら良いですか?」
・「受かりやすい企業を教えていただけないですか?」

こういった質問を何度となく投げかけられます。Aさんは、自分自身で努力することを考えず、他人に
頼ったり、「楽な方法」を模索したりしていました。このようなタイプのは、成長速度が遅いだけでなく、
面接でも頑張っている姿が伝わらないので、なかなか結果が出にくいのは、当然と言えそうです。

一方、Bさんは、粘り強く選考を受け続ける学生です。何度も何度も選考に落ち続けているのにも関わ
らず、ひたすら企業へエントリーし続け、少しずつ成長していきます。そして、いつの日か大きな成果を
生みます。

つづく


2: コラット(WiMAX)[]:2013/05/26(日) 21:41:40.95 ID:fkaDFnb/0
例えば、関西の某女子大生の昨年のケースをご紹介します。スポーツ推薦で大学に入学した学生
でしたが、筆記試験は不得意で、文章を書くのも苦手という学生でした。エントリーシートを書いても
ことごとく不合格。せっかく面接までこぎつけても緊張のあまりうまく話せずに不合格の連続でした。
実際、この時期で不合格になった企業は150社を超えました。

しかし、それでもこの学生は粘り強く、企業にエントリーシートを出し続けました。まさに陸上のアスリート
のようにコツコツ努力を重ねました。その結果、6月に何と3社の内定を獲得できたのです。最初の一社は
某大手不動産会社の一般職。そして1社内定出た後はトントンと他2社の内定を獲得できたのです
(1社は地方銀行、もう1社は製薬会社)。

選考に落ちても、落ちても、前向きにひたむきに努力をする。学歴がなくても、学力がなくても、こういう
ひたむきな姿勢を評価してくれる企業はきっとあります。彼女がエントリーシートの自己PRで書いた
「どんな困難な状況にも負けない」まさにこの強みが発揮された就職活動だったように思います。
(「内定塾」塾長 宮川洋)



ここ10数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を
反映しやすく、年によって状況が異なります。就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が週替わりで、
就活事情の最前線をご紹介します。内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1369572069/

続きを読む

2013-05-27 : 学校・受験・就活など : コメント : 5 :
ホーム

だめそく

更新終了しました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
感謝
astronomy ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

検索フォーム

アクセスランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QR

カウンター